毎日の仕事で出てきた税務に関する内容を忘れないように記録しています

少額減価償却資産の特例の期限が2年延長になっていた!

タイトルのとおりなんですが、
少額減価償却資産の特例の期限が2年延長になっていたんです!

偶然、いま処理中のデータの中に30万円未満の有形固定資産があって、損金算入限度額の確認をしようとネットを見ていたら、税務署のHPのタックスアンサー№5408に「中小企業者等が、取得価額が30万円未満である減価償却資産を平成15年4月1日から平成26年3月31日までの間に取得などして事業の用に供した場合には、一定の要件のもとに、その取得価額に相当する金額を損金の額に算入することができます。」と書いてあるのを見ました。

あれ!?平成26年3月31日までだったらもうこの特例終わってるのかな??
他の月次の処理で4月以降に少額減価償却資産扱いにしたものがないか心配になってきました・・・

でも、もしかして期限が延長になっているかも・・・
延長になっていてほしいという願望のもと、検索してみました。

すると・・・
秋の与党税制改正大綱で適用期限延長が決められ、適用期限は平成26年3月31日から平成28年3月31日まで。2年間延長になりました。

よかったー。
特例がでると適用期限に注意しないと申告後に気付くととんでもないことになる可能性があるから気をつけないとですね・・・

最初の検索目的の損金算入限度額は年間300万円まででした。
なかなか覚えないけど今回は期限延長がわかってよかったです。覚えていることも時には検索してみるのもいいかもですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA