毎日の仕事で出てきた税務に関する内容を忘れないように記録しています

税務代理権限証書 新様式はいつから?

新しいサイトを立ち上げて2ヶ月もたったのに、初投稿ですw ずいぶんさぼってしまいました。

「税務代理権限証書」といって、申告書等を提出するときに添付する用紙があります。この用紙を提出していると、税務調査やお尋ねがあると税務署が直接会計事務所に連絡をしてくれます。

この様式が新しくなったのをご存知ですか?

消費税が増税になり、申告書に添付する附表の記入の多さに辟易して、ついに消費税のソフトを導入しました!そのソフトには消費税に関する様式がたくさん入っていて「税務代理権限証書」もあるのですが、入力項目を見て「あれ?!」と思いました。

いつもは法人税のソフトについている「税務代理権限証書」を使っているのですが、法人税のソフトより入力項目が多いのです。どうみても今までのよりパワーアップした様式です。「過年分に関する税務代理」についてや「調査の通知に関する同意」その他税目欄も増えています。

法人税のソフトは毎年買い替えていますが以前の様式のままです。あれぇ・・・いつから新しい様式を使うんだろう??

というわけで調べてみました。調べるとなんでも出てくるのがすごいと思うのですが、今回もちゃんと通達がありました。

税務署HPより
「税理士法第30条及び第33条の2に規定する書面の様式の制定について」の一部改正について(法令解釈通達)

新様式は平成26年7月1日以降の提出に使用するそうです。検索するとこの件に触れているブログがいくつもあって、みなさん早々とご存知だったんですね・・・当事務所は1カ月遅れましたが今月提出分から新様式で提出します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA